やる気のないやる気

本州辺境のSEがプログラミングとかガジェットとか技術書のレビューとかするブログ。毎日更新したいなぁ…。何かあれば左下の「Twitter(うるさい方)」でリプライ送るのが一番返答が早いはず…

Raspberry PiをSubversionサーバにする(OSインストールから)

今までは仮想PC上でバージョン管理サーバ作ってたけれどバックアップ的な意味だとあんまり意味が無いので別に立てるためにRaspberry PiにSubversionを入れてみる

 

 

1.Raspberry PiにOSをインストールする

1-1.OSイメージのダウンロード

・Raspberry Pi Downloads - Software for the Raspberry Pi

http://www.raspberrypi.org/downloads/

Raspbianを選択してDownload ZIPをクリック(今回は2015-09-24版を選択)

 

1-2.OS入りのMicroSDカードの作成

ダウンロードしたZIP(今回は2015-09-24-raspbian-jessie.zip)を解凍してOSイメージをSDカードにコピー 

 

DD for Windows

http://www.si-linux.co.jp/techinfo/index.php?DD%20for%20Windows

 

使い方は大体見ればわかるはずなので省略。

注意点としては、管理者権限で実行する必要があること、拡張子「.ddi」のファイルしか表示されていないのですべてのファイルを表示するように変更すること程度。

設定して最終確認(※書き込み先を間違うとデータが消える)が終わったら「<< 書込 <<」を選択して、いくつか警告(ディスクサイズ<イメージファイルの警告、4GBオーバーの警告)が出るが無視して書込

 

 

2.Raspberry PiにSSHで接続出来るようにして設定する 

なんか電源挿したら勝手に起動してログインしてSSHまで繋がったから特に書くこと無い…

初回はipアドレス等の確認のためUSB接続でマウスとキーボード(とディスプレイ)が必要になるくらい

 ちなみにデフォルトのユーザー名とパスワードはpi/raspberryとroot/(パス無し)らしい

 

hostnameの変更

sudo vi /etc/hostname 
sudo vi /etc/hosts

のraspberrypiをraspi01に変更

マシン名を反映させるため sudo reboot で再起動

 

パッケージリストを更新しておく

sudo apt-get update

 

3.subversionのインストール

 

apacheのインストール

sudo apt-get install apache2

 

subversionと関連ツール類のインストール

sudo apt-get install subversion subversion-tools libapache2-svn

 

apache2とsvnの連携設定 

sudo vi /etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf 
<Location /svn>
DAV svn
SVNParentPath /home/svn
</Location>

 

上記で作成したSVNParentPathにリポジトリを作成

sudo mkdir /home/svn/
cd /home/svn/
sudo svnadmin create test

 

 

 

作成したリポジトリのディレクトリをapacheユーザに変更

sudo chown -R www-data:www-data test

 

 これでとりあえずリポジトリの作成までは完了なので、Windowsなり何なりからTortoiseSvnでもなんでも好きな様にアクセスして確認して完了

ブラウザからも行けるはずなのでhttp://(IPアドレス)/svn/testなどにアクセス出来ればOK